ニュース NEWS
ニュース一覧

プレスリリース

2021/11/29

日本酒ソムリエAI 新たな小売ビジネスを創出する「三菱食品ダイヤモンドフェア2021」に初出展!

行くと見つかる楽しいお酒売り場を生み出すKAORIUMサイネージ

嗅覚のデジタライゼーションによって新たな顧客体験を提案するSCENTMATIC株式会社(代表取締役:栗栖 俊治、本社:東京都、以下「セントマティック」)は、2021年11月30日(火)〜12月2日(木)の期間、東京流通センターで開催される「三菱食品ダイヤモンドフェア2021」に日本酒ソムリエAI「KAORIUM for sake」 小売店向けサイネージ を出展することが決定いたしました。

「新生活様式ニーズ」への小売の新たな顧客体験〜AIによる自分で見つける自分に合った日本酒選びの提案〜

昨今新型コロナウイルスの流行による大きな生活の変化、そして消費者の新たなニーズに対応することが小売業者にも求められています。そんな小売業者に対し即効性のある新しいアイデアに出会える場所として「三菱食品ダイヤモンドフェア2021」が開催されます。

コロナにより、日本酒の家飲み需要は拡大し、これまで日本酒市場を牽引してきた中高年男性向けの商品だけでなく、家庭内飲用シーンを想定した若年層向けの商品が開発されるなど、いろいろな酒類を楽しむ若年層が増加しています。しかしながら、日本酒は酒類の中でも種類が豊富にあり、初心者にとっては「どれを選んで良いか分からない」「ラベルやパッケージを見ても選べない」とハードルの高い商品です。

日本酒ソムリエAI「KAORIUM for Sake」は、日本酒の香りの特徴をAI技術で言語化することで、日本酒選びの難しさを解消し、本当にほしいお酒が見つかる、自分たちの生活にマッチした“自分らしいお酒選び”として、新たな顧客体験をご提案いたします。

感性をデータ化したAI〜気分やニーズに合わせたお酒お選びをサポート〜

感性をデータ化したAIである日本酒ソムリエAI「KAORIUM for Sake」は、人間の感性を自然言語処理によって日本酒とマッチすることができるAIシステムです。ユーザーが選択した「癒やされたい」「気合を入れたい」などのその日の気分と、店舗にある日本酒とのマッチ度を計算し、マッチ度の高い日本酒をレコメンドします。この技術により、これまでは経験と感性を持った利酒師やソムリエだけが可能であった「人間の感性にそった楽しいお酒選び」という接客体験が小売店の店頭でも実現可能になります。

また、気分やニーズから選ぶだけではなく「KAORIUM for Sake」では、膨大な風味表現データによる日本酒表現を実現します。「フルーティなお酒」というアバウトな表現ではなく、「白ぶどうのような風味を持ったお酒」というように、日本酒銘柄ごとに具体的な「風味マップ」としてビジュアライズすることで、自分が好きなお酒や飲んでみたい風味をより具体的に探すことが可能になります。

(左2枚)気分「癒されたい」から日本酒を選ぶ (右)わかりやすい風味マップ

「日本酒はわからない」というイメージから、選ぶ楽しさに変わることによる購買意欲の向上

インターネット上の膨大な情報から、人々の香りの感性や言語表現、日本酒の風味情報を学習した日本酒ソムリエAI「KAORIUM for Sake」は、飲食店向けメニューツール、ご家庭向け飲み比べセット、そして、今回の小売店向けサイネージとして進化してきました。飲食店向けの導入事例では、客単価が116%まで向上する実績も残しています。実際に体験したユーザーからは、「たくさんある銘柄の中から自分の好きな日本酒に出会えた」「気分に合う日本酒をわかりやすく選べるのがいい」「苦手意識があったのに、これから日本酒が好きになれそう」と言ったコメントが寄せられています。

「三菱食品ダイヤモンドフェア2021」概要

三菱食品ダイヤモンドフェア2021

主催:
三菱食品株式会社
日程:
2021年11月30日(火)〜12月2日(木)
時間:
10時〜17時(最終日は16時まで)
ブース:
東京流通センター展示ホールA〜F
住所:
東京都大田区平和島6-1-1

※入場には事前に来場登録が必要です。
※登録には招待状が必要です。一般の方のご登録は受け付けておりません。

香りと言葉を変換するAIシステム「KAORIUM」とは

KAORIUM (カオリウム)」は、セントマティックが開発した香りと言葉を相互に変換するAIシステムです。最先端のテクノロジーによって、曖昧で捉えにくい香りの印象を言葉で可視化したり、ある言葉に紐づく香りを導き出したりすることを可能にします。また、言葉を意識しながら香りを深く味わう体験は左右両脳を活性化し(※)、私たちのまだ見ぬ感性への気付きをもたらします。香りと言葉をつなぐ今までにない体験が生み出す価値は、フレグランスの世界にとどまらず、感性教育、飲食体験、購買体験など様々な分野に新しいビジネスチャンスを生み出すものとして、その可能性に大きな期待が寄せられています。

※参照元:「注意が脳での嗅覚処理に及ぼす影響 ―脳波計測により匂い呈示後1秒以内の脳活動の変化を検出―」
https://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/topics_20190322-1.html

香りと言葉の変換システム「KAORIUM」のコンセプトモデル 「KAORIUM」のコンセプトイメージ
【SCENTMATIC株式会社】
代表者:
代表取締役 栗栖 俊治
所在地:
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目22番7号 6階
URL:
https://scentmatic.co.jp/

その他のニュース

OTHERS