ニュース NEWS
ニュース一覧

イベント

2019/11/27

渋谷ヒカリエで、香りの超感覚体験!「Experience KAORIUM」by セントマティック

香りと言葉の変換システム「KAORIUM」を初公開!トークイベントでは特別ゲストも登場。
香りのケーキ、チョコレート、日本酒の試食提供も!

香りの超感覚体験をつくる共創型プロフェッショナル集団として設立されたSCENTMATIC株式会社(代表取締役:栗栖 俊治、本社:東京都、以下「セントマティック」)は、2019年12月16日(月)・17日(火)の2日間、渋谷ヒカリエ 8/COURT(渋谷ヒカリエ8階)にて、香りの超感覚体験を提供するキックオフイベント「Experience KAORIUM」を開催します。会場では、香りと言葉の変換システム「KAORIUM(カオリウム)」のコンセプトモデルを初公開!特別ゲストを招いた「香りと言葉のトークセッション」とともに、L'essentielleの香りのケーキ、ダンデライオン・チョコレートの Bean to Barチョコレート、香り豊かな日本酒の試食提供も。香り×UX×ITを駆使した新しい価値をご体感ください。

香りの超感覚体験を提供するキックオフイベントを渋谷ヒカリエで開催

香りの持つ可能性を引き出して、心豊かな社会をつくりたい……。香り×UX×ITがもたらす新たな体験感覚「香りの超感覚体験」に着目し、香りを通して心豊かな社会を目指す共創型プロフェッショナル集団としてセントマティックが誕生しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000051694.html

香りと言葉の変換システム「KAORIUM」の開発に成功したことから、様々な領域の企業・団体等との共創によって、香りの超感覚体験による新たな価値を創造していきます。香り×UX×ITがもたらす香りの超感覚体験の応用範囲は、アート、感性教育、マーケティング、エンタメなど、極めて多岐にわたります。事業開発段階から数多くの企業・団体からの申し入れを受ける形で、すでに共創型プロジェクトが進んでいます。

そこで、様々な領域のパートナーとのオープンイノベーションで心豊かな社会づくりを実現するために、香りと言葉の変換システム「KAORIUM」のコンセプトモデルを体感いただくイベントを渋谷ヒカリエで開催します。1日目はプレス向け、2日目は一般向け(共創にご関心のある法人・個人等)として企画し、心豊かな社会づくりに共感いただける多くの皆様方とつながる場を催します。

開催概要

イベント名称
Experience KAORIUM
主催
SCENTMATIC株式会社
協力
Dandelion Chocolate Japan 株式会社
L'essentielle
一般社団法人INSPIRE
日程
2019年12月16日(月)・17日(火)
場所
渋谷ヒカリエ 8/COURT
対象別詳細
①PRESS DAY:プレス向けイベント
  • 日程:
    12月16日(月)13:30〜16:00
    (※時間調整が難しいプレスは夕方にも個別対応可)
  • 場所:
    渋谷ヒカリエ 8/COURT
  • コンテンツ:
    KAORIUMコンセプトモデル体験、トークセッション、試食提供、展示

※ 16日はPRESS DAYとなり一般の方はご入場いただけません。

②一般公開DAY:一般向けイベント(共創にご関心のある法人・個人等)
  • 日程:
    12月17日(火)12:00〜18:00
  • 場所:
    渋谷ヒカリエ 8/COURT
  • コンテンツ:
    KAORIUMコンセプトモデル体験、試食提供、展示
  • 申込:
    イベントページより: https://scentmatic.co.jp/kaorium/event/20191216/

香りと言葉の変換システム「KAORIUM」を初公開!

セントマティックは、香りの超感覚体験という価値を具現化するため、香りと言葉の変換システム「KAORIUM」を開発しました。「KAORIUM」は、世の中に存在する様々な香りを「感性表現の言葉」に変換すると同時に、言葉から香りを選び出すことができるシステムです。

例えば、ある香りを持つミニボトルを「KAORIUM」のパネルに置くと、その香りを感性的に表現した言葉(例:「爽やかな」「さっぱりした」など)の相関図がパネル上に出現します。
さらに、その相関図から言葉を一つ選ぶと、その言葉の印象を持つ香りのミニボトルリストが示されます。

この操作を通じて、ユーザーは選択した言葉(例:「すっきり」)にフォーカスして香りを比べることができるため、自分自身にとっての「すっきり」という言葉と香りを強く結びつけた感覚を得ることができます。

渋谷ヒカリエで開催するキックオフイベント「Experience KAORIUM」では、本システムのコンセプトモデルを初公開し、実際に香りの超感覚体験を提供します。

トークセッションではセントマティック代表の栗栖 俊治と特別ゲストが登場!

プレス向けイベントとして開催する初日の「Experience KAORIUM」では、香りのトークセッションを開催します。セントマティック代表の栗栖 俊治が香りと言葉の変換システム「KAORIUM」を紹介するとともに特別ゲストを迎え、「KAORIUM」と香りの超感覚体験の可能性を探ります。

▼栗栖 俊治(SCENTMATIC株式会社 代表取締役)
慶応義塾大学大学院を卒業後、NTTドコモにて10年間、携帯電話やスマートフォン向け新サービス・新機能の企画開発に従事し、iコンシェル、しゃべってコンシェル、音声認識機能、GPS機能等のプロジェクトリーダーを担当。「最高のUXづくり」を徹底して目指した「しゃべってコンシェル」ではグッドデザイン賞ベスト100・未来づくりデザイン賞を受賞。2015年より3年間、NTTドコモ・ベンチャーズ シリコンバレー支店へ出向。数々のシリコンバレースタートアップを発掘し、NTTドコモ本社事業部門とスタートアップとの協業実現や出資に成功。2018年、日本へ帰国。本プロジェクトの事業構想に着手、現在に至る。

ダンデライオン・チョコレート、日本酒、L'essentielleの香りのケーキ

香りの超感覚体験を提供する「Experience KAORIUM」では、イベント開催を記念して、「香りと言葉の変換」にちなんだ試食/展示を行います。

▼ダンデライオン・チョコレート
創業者トッド・マソニスらによって2010年に始められたサンフランシスコ発のBean to Barチョコレートの専門店。カカオ本来の味を純粋に味わうために、シングルオリジンのカカオ豆とオーガニックのケインシュガーのみを使用し、選別から、焙煎、摩砕、テンパリング、成形、包装まですべての工程を自分達のファクトリーで行っている。使用するカカオ豆の生産者である農家をすべて訪れ、時には発酵から乾燥までのプロセスについて対話し、直接交渉を行った上で、輸入を行う。 蔵前、鎌倉、伊勢、京都、表参道にカフェを構え、 Bean to Barをムーブメントから文化として根付かせることを目指している。

※イメージです。当日提供されるものと異なる可能性があります。また、品切れの可能性があります。

▼日本酒
日本酒ソムリエ 赤星 慶太氏セレクトによる香りを愉しめる日本酒
日本酒と料理のペアリング体験を提供する麻布十番の店「赤星とくまがい」のオーナー。
高校卒業後、ワインに魅せられソムリエスクール入学、ワインソムリエと唎酒師免許を取得。1998年、地酒のインポーターとして渡米、その後16年間ニューヨークを拠点として地酒を全米に広める活動を続ける。有名ステーキハウスEmpire Steak Houseのセレクションに日本酒を採用させるなど数々の酒メニュー、ワインメニューをコンサルティングする。2009年、地酒プロモーションを続ける傍ら、「Sake Bar KIRAKUYA」をプロデュースし、自ら酒ソムリエとしてサーブする。赤星の日本酒セミナーは予約待ちになるほどの人気。その後、3店舗にて酒ソムリエを歴任し、2015年4月自らの店をオープンするため帰国。
TBSの番組「極 日本一スゴい舌選手権」で優勝を果たし、数々のメデイアに紹介される。

※イメージです。当日提供されるものと異なる可能性があります。また、品切れの可能性があります。

▼L'essentielleの香りのケーキ
Patisserie L'essentielle オーナー 牛島 源希
高校卒業後Salon de thé La provenceにて経験を積む。
19歳のとき青木シェフに出会い、Pâtisserie Sadaharu AOKI parisにて修行。
その後フランス・ニースへ渡り、KEISUKE MATSUSHIMAでフランスの文化や素材がもつ香りの素晴らしさに深く感銘を受ける。
​2015年文京区播磨坂に、香りをテーマとした「Patisserie L'essentielle」をOPEN

※イメージです。当日提供されるものと異なる可能性があります。また、品切れの可能性があります。

会社概要

法人名:
SCENTMATIC株式会社
代表者:
栗栖 俊治
本社:
東京都港区元麻布三丁目1番35号
コーポレートサイト:
https://scentmatic.co.jp
イベントページ:
https://scentmatic.co.jp/kaorium/event/20191216/

その他のニュース

OTHERS