もう迷わない!

日本酒ソムリエAIで
自分にぴったりのお酒選び

日本酒ソムリエAI KAORIUM for Sake 小売店向けサイネージ 日本酒ソムリエAI KAORIUM for Sake 小売店向けサイネージ

風味を言葉にするAIで
購買体験のDX化を実現

日本酒ソムリエAI「KAORIUM for Sake」小売店向けサイネージは、スーパーや百貨店などの店舗でのお酒選びの困りごとを解決し、新しい体験価値を創出するツールです。

種類も多く選ぶのが難しい日本酒。消費者が感性にあった言葉を選んでいくことで、「人の風味の感じ方」を学習したAIが、ぴったりのお酒を提案します。これにより、まるで利酒師やソムリエがいるような購買体験が、小売店の店頭でも可能になります。

気分やニーズに合わせた
お酒選びをAIがサポート

  • なりたい気分や
    味わいから選べる

    日本酒に詳しくない初心者の方でも、なりたい気分や好みの味わいに近い選択肢をタップするだけ。

  • 自分にぴったりの
    お酒がわかる

    選んだ選択肢に合わせて、店頭にある日本酒のなかから、マッチ度の高いお酒トップ3をおすすめ。

  • 日本酒の風味や印象が
    言葉で見える

    お酒の風味や印象が、わかりやすい言葉で見えるから、実際に飲まなくても味の特徴をつかめる。

日本酒選びの困りごと
をAIが解決

  • たくさんあって

    どう選べばいいか
    わからない

    軸ができて

    お酒が選び
    やすくなる

  • どんな味なのか

    違いが
    わからない

    特徴が可視化されて

    味わいが
    わかりやすくなる

  • 好みの味を

    どう伝えればいいか
    わからない

    言語化されて

    人に伝えられる
    ようになる

体験者の声

  • 直感的に迷わず
    日本酒が選べた

    日本酒ってなんだか難しいイメージでしたが、直感的に迷わず日本酒を選ぶことができたので愉しかった。

  • お酒の味をイメージ
    できるのが嬉しい!

    辛口・甘口ではわからなかったお酒の味が、言葉でイメージできるようになるので選びやすくなった。

  • お酒への関心や期待も
    高まって新鮮!

    なりたい気分から日本酒を選ぶと、お酒への期待や関心も高まって、新鮮。「青春の甘い誘惑」など、言葉も面白かった。

食品売り場向け
ペアリングサイネージ

AIによる日本酒ペアリングで新しい愉しみ方を提案

日本酒の風味データをもとに、フルーツや惣菜、加工食品など、相性抜群の食材とのペアリングを提案。お酒売場にとどまらず食品売場に展開することで、新しい顧客層にも日本酒を訴求します。AIを活用した売り場づくりによって、日本酒と食品の合わせ買いによる販売促進効果ももたらします。

日本酒の風味を言語化
するAIシステム

日本酒ソムリエAI「KAORIUM for Sake」は、インターネット上の膨大な言語表現と人の香りの感じ方を学習したAIに、1万以上の日本酒の風味・感性データと酒ソムリエの感性を融合させた最先端のAIシステムです。自然言語処理によって、表現の難しい日本酒の風味を、わかりやすい言葉で表します。

日本酒の風味を言語化するAIシステム
赤星 慶太の写真

監修酒ソムリエ

赤星 慶太Keita Akaboshi

地酒インポーターとして渡米、16年間NYを拠点に地酒を全米に広める活動を続け、2015年4月、自らの店をオープンするため帰国。現在は、時に人生観をも変えるような、今までにないお酒と料理の関係を提案し、日本酒の魅力をより多くの人たちに伝えている。

地酒インポーターとして渡米、16年間NYを拠点に地酒を全米に広める活動を続け、2015年4月、自らの店をオープンするため帰国。現在は、時に人生観をも変えるような、今までにないお酒と料理の関係を提案し、日本酒の魅力をより多くの人たちに伝えている。

導入事例

導入事業者様の声

インタビュー

紀ノ国屋 渋谷スクランブルスクエア店さま

紀ノ国屋 渋谷スクランブルスクエア店さま

KAORIUM for Sake 導入でお客さまが直感的にお酒選びができるように

株式会社紀ノ國屋 営業本部 商品部 菊池才希さま

パートナー募集

  • 小売店舗への導入

    小売店舗への導入

    導入をご検討いただいている店舗さまは、お気軽にお問い合わせください。具体的な導入の流れやプラン、設置方法などの詳細をご相談させていただきます。

  • 様々なシーンへの展開・共創

    様々なシーンへの展開・共創

    様々なシーンに新たな体験価値を創出していきます。今後の展開や共創につきましても、ご興味をお持ちいただけましたら、お気軽にお問合せください。